メルマガ アーカイブ 2010/02/25

これまでに配信させていただいた過去のメルマガ【エフォート通信】を掲載しています。
【エフォート通信】の内容は、主に、戦略・戦術情報をはじめ、中小企業・小規模事業者に役立つ情報です。

※セミナー案内等の「号外」は割愛しています。

【100年企業の共通点】

こんにちは。エフォート行政書士事務所の中島です。


このメールは私が名刺交換をして頂いたり、普段お世話に
なっている方々に送らせて頂いております。

また、こういったメールがもし不要とのことでしたら、
お手数ですがご一報くださいますようお願いいたします。
m(_ _)m

本メールが皆さまの何かのお役に立てば幸いです。(^_^)


===PR======================
≪税理士・公認会計士・司法書士・行政書士・社労士等の
専門家を全国無料紹介!≫
http://www.expert-net.co.jp/g/effort/
↑↑
ご要望に応じて、税理士、公認会計士、司法書士、
社会保険労務士などの専門家のご紹介もしています。
全国対応で、無料相談窓口もあります。
お気軽にお問い合わせください。
===========================



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 100年企業の共通点
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以前、ある「しんぶん」を読んでいました。

僕も加入している「中小企業家同友会」の
「中小企業家しんぶん」というものです。

そこのコラムで「100年企業」を題材にしたものがあったので、
僕が加入している「関西知的資産経営研究会」での話も混ぜながら、
少しご紹介します。


その「しんぶん」のコラムによると、東京商工リサーチが
全国創業100年超え企業の実態調査を発表したそうです。

それによると、その数は全国で2万1千社で、
企業構成比としては、1%弱。


最古の企業は、ご存知の方も多いかと思いますが、
大阪の寺社建築工事の「金剛組」です。

創業が578年なので、100年どころか1千年超え企業です。

その他色々ありますが、「研究会」での事例も上げると、
製造業では、(株)大石天狗堂、
流通業では、(株)ホリグチなどもあります。

都道府県別にその数を見ると、トップは東京で、
次いで、大阪、愛知、京都、新潟・・・です。

しかし、構成比別で100年超え企業をみると、
最も高いのは、山形で、次いで、
京都、新潟、三重、長野・・・だそうです。


これら長寿企業に共通することが5つあります。
その5つを示して、その調査は結んでいます。


その5つとは・・・


1.「本業」を重視しながら、
2.時代に合わせて変化する「柔軟性」を持ち、
3.「身の丈」にあった経営、
4.「社員重視」の信頼経営に徹し、
5.創業当初の「家訓」や「社是」を大切に保持している

というものです。


2.と5.は「温故知新」「不易流行」ですね。

不易流行とは、
 「不変の真理を知らなければ基礎が確立せず、
 変化を知らなければ新たな進展がない、
 しかも「その本は一つなり」即ち、
 「両者の根本は一つ」であるという。」
というような意味です。

「不易」は変わらないこと、つまり、どんなに世の中が変化し
状況が変わっても絶対に変わらないもの、変えてはいけないもの
ということで、「不変の真理」を意味します。

逆に、「流行」は変わるもの、社会や状況の変化に従って
どんどん変わっていくもの、あるいは変えていかなければ
ならないもののことです。
(不易流行.comより引用)


老舗企業の知的資産経営にも通じますが、
攻める経営と守る経営が両輪で機能しています。

家訓や社是は曲げずに、それでいて、培った知的資産を活用して、
絶えず変革(=イノベーション)を繰り返しています。

(ここでのイノベーションは、単に「=技術革新」ではありません)


そして、1.ですが、本業に徹する。

あれこれ本業以外に手を出すのではなく、あくまで本業重視です。


「研究会」の発表でもありましたが、帝国データバンクの
長寿企業の統計によると、商品・製造・販売方法に比べ、
家訓・社是・主力事業は変わっていないということです。

1.と3.の「本業重視」・「身の丈経営」
ランチェスター戦略でも同じ理屈が述べられています。

老舗企業が必ずしも大企業と言うわけではありません。
むしろ、中小若しくは零細企業がほとんどです。

先の5つは、それら老舗企業から学ぶべき教訓ですね。


そんな老舗企業には知的資産がいっぱいです。


12月の同友会では、くしくも明治25年(1892年)創業という、
100年超え中小工務店の4代目社長の発表でした。

バブル崩壊後、公共事業から脱却し、100%元請となり、
完全地域密着で変革した企業です。

専門性・独創性・安売りでない適正価格、量産量販ではなく質産質販。

ネットワークを重んじ、大企業とは棲み分けをして、
地域性と独自性・個性を重視されています。

独自のネットワークで作った「クラブ」で、
家族向けに木工教室を開催したり、
家が建つ過程をすべてエンドユーザーであるお客様に
見せたりすることで、顔の見える仕事をし、
社員も含めて、地域に根付いています。

創業当初の大工職人としてのスタイルは変えずに、それでいて
時代と共に変革しながら、元気な企業として存在しています。

そのときのお話は、「なるほど!」というものばかりでした。


また、現在、知的資産経営報告書の作成支援をしている2社は、
100年ではないにしろ、どちらも70年近い企業。

長くなるので、詳細は省略しますが、
一方は、拡大経営をしていったものの、結局過大な設備投資や
それに伴う人員拡大をして、バブル崩壊の時期に行き詰りました。

しかし、自社だから出来ること、自社が本当にやりたいことを
絞り込んで、70名近くいた従業員を社長を含めた3名に減らし、
工場等の設備も売却されました。

当然、売上高自体は、縮小に伴い大幅に減少しましたが、
自社のこだわりを追求し、「社員」と周りとの信頼経営に徹し、
今では1人当たりの売上高・粗利益ともに、当時の数倍です。

「本業」を重視し、身の丈にあった経営です。


もう一方は、地場産業を活かした製造業ですが、下請けから脱却し、
さらに業界でもスキマ市場だけに特化し、独自のマーケティングで
成長されています。

この企業も長年、本業=スキマ市場以外はほとんど手を出さず、
その中で、「身の丈」にあった経営をしつつ、商品に関しては
時代に合わせて変化する「柔軟性」を持って対応されています。

この企業も、むやみな拡大路線はせず、現在も従業員20名以下。

しかし、従業員1人当たりの経常利益は約1000万円と、
中小企業の製造業の平均を上回っています。


やはり、長寿企業は、ランチェスターの弱者の戦略
意識するしないは別にして、実践されていますね。

そして、独自の「知的資産」が満載です。

最後に付け加えれば、好きなこと(やりたいこと)で、
喜ばれることをし、利益を上げておられますね。


何かの参考になればと思います。


ちなみに、その2社の知的資産経営報告書はもうすぐ完成予定です^^;



-----------------------------------------
エフォート行政書士事務所
行政書士 中島 巧次
〒520-0864 滋賀県大津市赤尾町4-24
TEL:077-532-7233 FAX:077-532-8288
e-mail: info@effort-office.net

【会社設立・独立・開業支援サービス】
 URL: http://effort-office.net/

【知的資産経営サポート】
URL: http://effort-office.net/chitekisisan/

【滋賀県大津市の行政書士
 こうたん日記‐行政書士発情報発信‐】
 URL: http://koutannikki.seesaa.net/
    毎日更新中!

【ツイッターもやってます】
 http://twitter.com/koutan_effort
-----------------------------------------

【編集後記】

最近、5時半起きから4時半起きに変えたんですが・・・

時折2度寝して、結局いつもと同じ時間になったりします。

今日は4時半起きで、このメールの原稿を書いていました。

暖かくなったとはいえ、早朝はまだまだ冷えますね。
そんな早朝でも、12月頃からツバメの巣に棲みついてる
小鳥がいるんですけど、思いっきりフンをして、
元気に飛び回ってます(笑)

そしてもうすぐ3月で、春はそこまで来てるって感じ。

三寒四温といいますが、体調にはくれぐれも
お気を付け下さいませ(^o^)/


最後まで読んで頂きありがとうござます!!


今後、こういったメールがもし不要とのことでしたら、
お手数ですがご一報くださいますようお願いいたします。
m(_ _)m


ページの先頭へ