メルマガ アーカイブ 2013/04/26

これまでに配信させていただいた過去のメルマガ【エフォート通信】を掲載しています。
【エフォート通信】の内容は、主に、戦略・戦術情報をはじめ、中小企業・小規模事業者に役立つ情報です。

※セミナー案内等の「号外」は割愛しています。

【自社のUSP、UVPは何ですか?】

○○ ○○さん、おはようございます。
エフォート行政書士事務所の中島です。

このメールは私が名刺交換をして頂いたり、普段お世話に
なっている方々に送らせて頂いております。

本メールが○○ ○○さまの何かのお役に立てば幸いです。(^_^)


=====================================================
これまでのバックナンバーはこちらからどうぞ↓
http://effort-office.net/diary/
=====================================================

まずは、ちょっとご案内(~_~;)

==≪ご案内≫====================
第6回 「喜ばれる企業」づくりワークショップ
   『受注0(ゼロ)の苦しみから、新展開で下請脱却』
    ~ありがとうが溢れる元気企業、従業員力の秘訣~

講 師:山岡 健一氏
     株式会社サンクフルハート 代表取締役
     http://k-a-kannon.com/
内 容:1.講演
    2.ディスカッション(勉強会)
    3.名刺交換会
日 時:2013年5月25日(土) 14:00~17:00
     受 付 :13:30~
     懇親会:18:00~20:00
会 場:コラボしが21 3階 中会議室2
主 催:一粒万倍プロジェクト
     (メンバー:松井敬樹、中島巧次、寺尾紀彦)
定 員:30名
参加費:3,000円(税込)
    ※懇親会は別途3,500円(税込)
    ※当日、会場にてお支払い願います。
申込み:コチラ↓からお願いします。
     http://manbai.biz/
    ※「ワークショップへの参加を申し込む」
     からご登録ください。
===========================


今回から配信システムを変更しました^^

昨年までは2ヶ月おきにやってましたが、気が付けば
前回12月末から4ヶ月・・・

その間、急性骨髄性白血病で入院していた母も、
無事1月15日に退院しました。

で、その2ヶ月後にウォーキングを開始。
今じゃ、毎朝5キロ以上歩いてます。

とても8ヶ月も白血病で入院していたとは思えないぐらい。

そんな母の強みは、いつでも明るく笑顔でいること。
その姿に入院中、看護師さんが勇気をもらってたぐらい。

接した人に対して、その強みというか一種の独自のウリで、
幸せな気分になるという価値を提供しているのかなと。

今日は、その強み・ウリと価値について書いてみようかと。

またまた、こじつけのような(笑)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 自社のUSP、UVPは何ですか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

USJでもMVPでもUVカットでもございません(笑)

USP・・・Unique Selling Proposition
 Unique=独自の、Selling=ウリ、Proposition=提案
 自社や自社製品のみが持つ、独特の強み、
 他社との差別化が主張できる自社独自の強みで、
 顧客に対して提案できる自社のウリですね。

この言葉は馴染みある方も多いかと思いますが、
以前から、USPを把握し、経営力を強めることが
大事って言われていました。


では、UVPって何ぞや??

UVP・・・Unique Value Proposition
 Unique=独自の、Value=価値、Proposition=提案
 文字通り、顧客に対する自社独自の価値の提案。
 単に商品・製品・サービスの性能の良さだけでなく、
 顧客に対してどのような価値があるのかですね。


商品・製品・サービスそのものでは差別化しにくく、
これからは「モノ」から「コト」の提供と言われれる中、
USPだけでなく、このUVPが大事になってくると、
言われています。

しかし、このUVPも今に始まったことではなく、
実は、僕が宝石の営業マン時代の1990年代には、
実践してたことなんです(^_^;)

必需品ではない宝石というものを、その良さだけでなく、
それによりお客様にどのような価値をもたらすのか、
お客様のライフスタイルにどんな効果をもたらすのか、
それを提案してたわけです。

それを行う上で、「お客様を知る」ことが大事になり、
提案する上で、自分や会社の強み(USP)を活用した
って感じです。

ただ、「USPが大事だ」とか「これからはUVPだ」という
その言葉だけをとって考えてもダメなんですね。

単体で捉えるのではなく、経営全体の棚卸しというのが
必要になるってくるんです。

が・・・

知的資産経営のご支援させて頂いた経営者さんや
事業主さんには、ご理解して頂けると思いますが・・・

実は、このUSPやUVPって何かは、そのご支援の中で
やってることなんですね(^o^)v

顧客に提供する商品・製品・サービスからスタートし、
それが提供できる理由やそのための努力や工夫といった
マネジメントを深堀する中で、自社でも気付かない強みを
把握していく。

その過程では、顧客はどこの誰かなども精査します。

そして、自社の本当の強みを知り、顧客価値が何かを
見出していき、さらにその顧客価値をコンセプト化して
経営理念へと落とし込む。

さらに、
 経営理念⇒マネジメント⇒強み、ノウハウ、
 独自の関係性⇒製品・サービス⇒顧客価値

といった一連の価値創造ストーリーを見える化していく。

見えた中から、強める強み・活用できる強みは何か、
顧客に対しての価値をどうアピールしていくかなどを
精査していきます。

自社のUSPは何?とか、自社にとってのUVPって何?って、
それだけを単体でとって考えるのではなく、顧客起点の
マーケティング全体、経営全体で考える必要があるんですね。


経営理念、マネジメント、自社の強みやノウハウ、
販路の工夫、顧客・取引先等との関係性や顧客価値を
生み出す源泉・・・

それら無形の経営資源(知的資産)がどう繋がって連鎖し、
商品・サービスを通じてどのような顧客価値を届けるか
という一連の価値創造ストーリーを見える化できると
USPもUVPも明確になりやすい。

USPは単に自社の強みではなく、顧客価値に繋がるもの、
つまりUVPの源泉でもあるわけです。

なので、USP(独自の売り)よりUVP(独自の価値)だ!
ではなく、USPを含めた全体を認識・把握して、自社独自の
「価値」を明確にし、顧客に伝え、提供するのが大事ですね。

自社の商品・製品・サービスは○○だ・・・ではなく、
お客様にとってどうなのかって視点で。


商品やサービスそのものでの差別化が難しくなってきた中、
会社が時間をかけて構築した企業風土や人財、ノウハウ、
経営資源、さらには価値創造ストーリーは会社ごとに違います。

全体を把握していくと、必ず独自の売りや独自の価値が
ありますし、新たな価値も見いだせるかもしれませんね^^


-----------------------------------------
エフォート行政書士事務所
行政書士 中島 巧次
〒520-0864 滋賀県大津市赤尾町4-24
TEL:077-532-7233 FAX:077-532-8288
e-mail: nakajima@effort-office.net

【会社設立・独立・開業支援サービス】
 http://effort-office.net/

【知的資産経営サポート】
  http://effort-office.net/chitekisisan/

【滋賀県大津市の行政書士
 こうたん日記‐行政書士発情報発信‐】
  http://koutannikki.seesaa.net/
    毎日更新中!

【facebookやってます】
  http://www.facebook.com/koji.nakajima

【事務所のFacebookページ】
  http://www.facebook.com/effort.office
-----------------------------------------

【編集後記】


世間では明日からゴールデンウィーク。

個人事業主の僕にはあまり関係なく、東京での
研修資料作りやお客様の資料作りに当てようかと。

そんな中で今週末には、母と一緒にバスケ観戦へ(^-^)/

滋賀県なので勿論、BJリーグのレイクスターズ戦。
今季最終戦なんですね。

僕がバスケ出身でもあり、実はレイクスターズさんも
仕事で関与させて頂いたんですね。

そして母も、バスケ観戦が好き。

退院して2週間後には、一緒に見に行って、元気いっぱいに
応援してました。

入院中も笑顔いっぱいで、マイナスなことや愚痴なんか
一つも言わず、そして退院後も元々の体力のせいもあり、
お医者さんもびっくりするぐらい問題ないというか、
超元気な様子。

そんな母を見て、今まで以上に、大事にしてあげたいなって
思うようになりました。

と同時に、受け継いでいるであろうその前向きさ・笑顔
といったDNAを、僕自身もっと覚醒させたいなと(^-^)/


また、入院中は、Facebookをはじめ、多くの方々から
ご心配いただいたり、ねぎらいの言葉をいただきました。

改めてこの場を借りて感謝申し上げます。

それでは、いいゴールデンウィークを過ごしてくださいね。


最後まで読んで頂きありがとうござます!!


今後、こういったメールがもし不要とのことでしたら、
お手数ですがご一報くださいますようお願いいたします。
m(_ _)m




ページの先頭へ