メルマガ アーカイブ 2011/02/25

これまでに配信させていただいた過去のメルマガ【エフォート通信】を掲載しています。
【エフォート通信】の内容は、主に、戦略・戦術情報をはじめ、中小企業・小規模事業者に役立つ情報です。

※セミナー案内等の「号外」は割愛しています。

【同業他社との競争で第一に検討しなければならないポイント】

おはようございます。エフォート行政書士事務所の中島です。

このメールは私が名刺交換をして頂いたり、普段お世話に
なっている方々に送らせて頂いております。

また、こういったメールがもし不要とのことでしたら、
お手数ですがご一報くださいますようお願いいたします。
m(_ _)m

本メールが皆さまの何かのお役に立てば幸いです。(^_^*)


===PR======================
≪税理士・公認会計士・司法書士・行政書士・社労士等の
専門家を全国無料紹介!≫
http://www.expert-net.co.jp/g/effort/
↑↑
ご要望に応じて、税理士、公認会計士、司法書士、
社会保険労務士などの専門家のご紹介もしています。
全国対応で、無料相談窓口もあります。
お気軽にお問い合わせください。
===========================

昨日の大津市は久しぶりの雨。。。

寒がりの僕もそんなに寒さを感じず、
春は目の前かって思ってしまいます。。。

でも、侮れませんね・・・


さて、年も明けて2月も終わりに近づき、
来週は早くも3月突入。

学生なら卒業シーズン。


卒業して、いったい何解ると言うのか~♪


僕ら世代は、尾崎豊です(笑)

ちなみに十八番は、

「OH MY LITTLE GIRL」、「I LOVE YOU」、、、

そして、なにより「Forget-me-not」です^^;


さて、今日はそんなカラオケとかの話ではなく、
この「卒業」の歌詞にも登場する

「自分がどれだけ強いか 知りたかった~♪」

に関連することです。
(無理矢理のこじつけですが。。。)


あがいた日々も 終る~♪
こ~の支配からの  卒業~♪
闘いからの  卒業~♪

そんな意味合いも含めてのきっかけになればいいかなと^^


今までの「号外」を除いたバックナンバーは、
こちらから→ http://effort-office.net/diary/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 同業他社との競争で第一に検討しなければならないポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

色んなメルマガを取っている中で、
なるほどと思うことが多くあります。

その中で、まさにこのお手伝いをしているんだなぁと
思わず納得したものがありました。

(株)フィナンシャル・インスティチュートさんが
発行しているメルマガです。
http://tinyurl.com/4lbuxbv

その中の2011年2月14日号に
【建設業における公共事業と民間事業の戦略】
から、ちょっとご紹介。
http://tinyurl.com/63hq6hp

=<引用>======================

 公共事業をターゲットにしていた会社が、いわゆる

 『ヒト・モノ・カネ』

 を別の事業に投資しても結果を出せないのは、
 そもそも建築業界というくくりでは似ていますが、
 民間事業への戦略は全く違う事業であることに
 注意が必要です。

 同業他社と競争し、高額商品である住宅
 (もしくは大規模修繕リフォーム)のご契約を
 いただくために、第一に検討しなければならない
 ポイントを申し上げます。


 1.自社の会社としての『強み・弱み』は何か?を考え、
   自社の強みをどう生かすことができるか?

 2.誰(どんなターゲット層)に、
   何(どんな住宅・リフォーム商品)を、
   どのように販売することができるのか?


 必ず、1が最初でなければいけません。

 なぜならば、自社の状況を検討し、戦略を練った上で、
 そのターゲットに向けた情報を発信しなければ、
 集客も契約もできないからです。

 (中略)

 営業的な入口は、あなたの会社の特徴(=強み)は、
 ハッキリとした他社との差別化をどう打ち出せるのか?
 の検討がなければ、成果を出し続けることはできません。

 その後に、自社の状況に見合ったお客様への
 アプローチや営業管理方法への取組みを検討し
 構築していくべきなのです。

 だから、住宅・リフォーム等のハード面だけの訴求
 (=売り込み)に走ることなく、あなたの会社が
 お客様に対して、どんなベネフィットを与えることが
 できるか!という営業戦略を構築しなければいけません。
(以下略)

=<引用終わり>===================

この1.の『強み・弱み』は何か?
自社の強みをどう生かすことができるか?
は、まさに知的資産経営。

そして、2.の誰に何をどうやって
は、ランチェスター法則の弱者の経営戦略。

※「ランチェスター法則」・「弱者の経営戦略」は
 ランチェスター経営株式会社 竹田陽一先生の
 登録商標です。


知的資産経営報告書の作成を支援する中で、
1.は勿論ですけど、特に小さな会社では、
会話の中などで2.もご提案させていただきます。


まず自社に何があるのかを知る。


現在の経営のフローを、

 商品・サービス
 →こだわりや特長、技術・ノウハウ・ネットワーク
 →そのための努力や工夫といったマネジメント
 →そのような行動の元となる想い、経営理念

といった、4つのセグメントで分析をして堀り下げ、
見えない強みやこだわりといった「知的資産」を
見つけていきます。


時には、業務フローを詳しく掘り下げて行って
強みや弱みを抽出していきます。

たとえば、

 企画・開発
 →仕入・調達
 →製造・加工
 →出荷・物流
 →販売→アフターサービス

といった、いわゆるバリューチェーンです。

誤解を恐れずもっと平たく言えば、

 よろしくお願いします~!という営業
 →「もしもし」の注文電話
 →よし!いいもの作るぞ
 →「毎度おおきに」の納品まで
 →お客様フォロー

という感じです。


そうやって自社の棚卸をしたうえで、

 商品戦略・・・商品・サービスは何か、その調達は
 地域戦略・・・商圏(対象地域)はどこか
 客層戦略・・・顧客はどういう業界や客層なのか
 営業戦略・・・集客・営業方法はどのように?
 顧客戦略・・・継続取引してもらう工夫は?
 組織戦略・・・人員体制・人材育成はどのように?
 財務戦略・・・どうやってお金を調達し、どう使う?
 時間戦略・・・営業・活動時間はどれくらい?
        どういう時間の使い方をする?

と、「弱者の経営戦略」の8大戦略を検討するんですね。


掘り起こした知的資産の中で、活用できるものは何か、
足りないものは何かも見ていくわけですね。


知的資産経営×ランチェスター法則。。。


そういえば、以前もブログで
「ランチェスター法則×知的資産経営」を
『中島式「知的資産経営」論』とほざいてました(笑)
http://koutannikki.seesaa.net/article/171049006.html


それはさておき、そこそこの業歴のある小さな会社で、
何からやっていけばいいのか、という会社もありました。


戦略を立てるにも、自分がどんな武器を持っているのか、
そしてその武器にはどんな使い方があるのか、
それを知らないと、戦は出来ませぬ。。。


『敵を知り、己を知れば、百戦危うからず』


僕の前職の会社は、現在の社名に変更する前が
なんと「孫子」でした。

あの孫子の兵法からとった社名。

このフレーズは何回も教えられ、
頭にこびりついています。


この「己を知る」ですね。



僕自身も、開業前に自分の過去を棚卸をしてみました。

それをもとにブログなどのプロフィールを作ったんですね。


自分・自社に何ができるのか・・・



何に従い従うべきか考えていた♪


そんな「卒業」シーズン。

4月からの新年度に向けて、一度
棚卸をしてみるのもいいかもしれませんね。


-----------------------------------------
エフォート行政書士事務所
行政書士 中島 巧次
〒520-0864 滋賀県大津市赤尾町4-24
TEL:077-532-7233 FAX:077-532-8288
e-mail: info@effort-office.net

【会社設立・独立・開業支援サービス】
 URL: http://effort-office.net/

【知的資産経営サポート】
URL: http://effort-office.net/chitekisisan/

【滋賀県大津市の行政書士
 こうたん日記‐行政書士発情報発信‐】
 URL: http://koutannikki.seesaa.net/
    毎日更新中!

【ツイッターもやってます】
  http://twitter.com/koutan_effort

【facebookもやってます】
  http://www.facebook.com/koji.nakajima
-----------------------------------------

【編集後記】

書き出しを考えているうちに、
なんとなく思い出して、こんな始まりに^^


書き始めがこれだから、結びも合わせないと
ということで、こんな文面になっちゃいました(笑)


ここ数ヶ月はバタバタが多かったので、
久しぶりにカラオケでも行きたくなっちゃいました(^-^*)

ちなみに、「卒業」の歌詞はコチラからも見れます。
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND2864/index.html


そんなバタバタの中で、全国初となる
事例ができました。


放送局の知的資産経営報告書です^^


ラジオの放送局なんですけど、その中でも、
コミュニティー放送局という、地域密着のFM局。

(株)えふえむ草津さんです。


経済産業省のポータルサイトにも、
昨日アップされたところです。

知的資産経営ポータル(METI/経済産業省)
  http://www.meti.go.jp/policy/intellectual_assets/index.html
知的資産経営報告書開示事例
  http://www.jiam.or.jp/CCP013.html


その他、他の事例も僕のHPで公開中ですので、
ご興味があればご覧くださいませ^^
http://effort-office.net/chitekisisan/item/#jirei


その一方で、意外な所でも
講師をさせていただきました。

京都府商工会連合会さんと
中小企業診断協会京都支部さん。

どちらも「知恵の経営」に関することです。


普段なかなか交わりがない方とも
いい交流が持てました。

本当に感謝です。


しかし、まだまだ。


もっとお役に立てる仕事ができるように
頑張りたいと思います(^o^)/


ただ、3月は少しヒマですが。。。(爆)



最後まで読んで頂きありがとうござます!!


今後、こういったメールがもし不要とのことでしたら、
お手数ですがご一報くださいますようお願いいたします。
m(_ _)m


ページの先頭へ